ペットと一緒に長距離の引越しをするけどどうしたらいい?方法や料金など詳細

大切なペットのお引越し
更新日:2018年07月10日

最近のペットブームで単身者の方でもペットと一緒に引越しをするケースが増えてきました。

自家用車が無くても近距離の場合ならレンタカーを使って一緒に引越ししたら良いけど、長距離の場合はそうもいきませんよね。

実際にどんな方法があるのか、サービス内容や料金は?ストレスは大丈夫?などペット引越しの際に知っておきたい事項を分かりやすくまとめました。

大事なペットを一緒に引越しをする前にぜひ参考にしてみてください。



    ペットを運んでくれる業者は3種類
    大切なワンちゃんや猫ちゃん、ペットたちを運ぶ方法は大きく分けると下記にまとめられます。

    ※自分の車で運ぶ方法は除きます。

    1. 公共機関を使って輸送する
    2. 引越し会社自体が運ぶサービスにお願いする
    3. ペット輸送の専門業者に依頼する

    一つずつ解説しますね。

    1.公共機関を使って輸送する

    方法は2つで、JR電車や新幹線を利用する方法と、飛行機で空路を使う方法。

    電車、新幹線の場合はペット用のゲージ、キャリーバッグ(かご)に入れてそのまま運ぶ方法。料金も280円と格安。ただし大型犬などは基本的に不可と思っておいたほうが良いでしょうね。

    抱いたままやリュックに入れたまま、ドッグスリングはもちろんそのまま歩かせて運ぶ方法もNGです。

    犬や猫を運ぶ方法の事例

    注意点
    小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、長さ70センチメートル以内で、 ・タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの
    ・ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの

    出典:JRおでかけネット


    飛行機を使って空路で運ぶ場合も同様にペット用ゲージを使って輸送(貸出もあり)しますが、同席はできません。

    荷物扱いとはなりませんので、きちんと空調、気圧が整った特別貨物室で運ばれるので安心ですが、やはりストレスはそれなりに掛かると思っておいたほうが絶対良いです。

    万が一の死亡なども踏まえて同意書まで記入する必要あり。

    ちなみに料金はANAが6,000円、JALが3,000円〜6,000円です。

    ■空路便参考
    ペットとおでかけサービス(JAL)

    ペットをお連れのお客様(ANA)


    2.引越し会社自体が運ぶサービスにお願いする

    • 種類:犬、猫、その他(要相談)
    • 輸送方法:トラック(空路便は専門業者へ依頼)
    • 料金:要見積り
    • 電話:0120-0123-33
    料金は「要見積り」となっていますが、基本的には引越しのトラックに混載になるためペットだけの料金はかかりません。種類や大きさ、空路使用になると専門業者へ依頼するため別途料金が必要。

    • 種類:犬、猫、その他小動物(熱帯魚や爬虫類、その他動物は要相談)
    • 輸送方法:陸便で直送または航空機併用便
    • 料金:大型犬45,600円 猫38,000円(東京〜大阪間)、大型犬55,200円 猫46,000円(東京〜福岡間)
    • 電話:0120-461-254
    クロネコヤマトのペット専用輸送サービス。料金はややお高めだが、専門サービスなのでその分安心。

    その他ペット輸送可能会社
    引越しのプロロ(要相談)
    まつり引越サービス(要相談)
    赤帽(要相談)

    ペット輸送専門業者に依頼する引越し会社
    アーク引越センター、サカイ引越センター、アリさんマークの引越センター、ハート引越センター、

    ペット引越し未対応会社
    日通、引越し本舗


    料金+同乗を考えるならアートのファミリーサルーン
    大手、中小業者の中では、専門で行ってくれるのは基本アート1社。ヤマトも専門サービスがありますが、結果として業者にお願いする形になります。

    アートのファミリサルーンは荷物と一緒に運んでくれるので基本的には料金がかからずお得に。

    それ以外もペット対応の会社はたくさんありますが、自社ではなく専門業者にお願いすることになります。

    引越し会社が専門業者にお願いするなら、そもそも自分で専門業者に依頼したほうが中間マージンをカットできるのでコストは下げられます。

    アート以外なら自分で専門業者にお願いすることをおすすめします。


    3.ペット輸送の専門業者に依頼する

    ペットを運んでくれる専門業者の場合は一部業者を除き、基本的には距離数に応じた料金体系になっているので、自分が移動する距離数さえ分かっていれば無駄な料金を払わずに済みます。

    エイチケーペットタクシー
    • 種類:ほぼ全種類
    • 輸送方法:車、飛行機
    • 料金:距離とペットの重量により変動
    • 保険・補償:あり
    • 公式HP:http://www.hkexpress.jp/
    運べるペット、動物は多岐に渡り、全国対応365日営業。ペットと飼い主が同席して移動してもらえる。公式サイトで料金シミュレーションあり。

    ワンニャンキャブ
    • 種類:ほぼ全種類
    • 輸送方法:車、飛行機
    • 料金:距離とペットの重量により変動
    • 保険・補償:あり
    • 公式HP:http://www.one-field.com/
    動物輸送歴26年の実績あり。公式サイト内で事前メール相談可能。認可事業者用の保険に加入しているため安心(23年間無事故)。飼い主は基本同席できない(要相談)。

    ワンダフル
    • 種類:犬、猫、ハムスター、うさぎ、亀、フェレットなど(熱帯魚など水ものは不可)
    • 輸送方法:車、飛行機
    • 料金:距離とペットの重量により変動
    • 保険・補償:あり
    • 公式HP:http://www.wonderfulpet.com/
    比較的料金がお安めな体系になっている。年間700件、12年の実績あり。

    ドリームエキスプレス
    象の写真まで掲載しているので、超大型、大型動物ならココが検討に。基本サービスは上記2業者と同じだがやや料金が高い。保険がないためやや安心感に不安あり。

    BURDEN(海外輸入・輸出専門)
    • 種類:ほぼ全種類(要確認)
    • 輸送方法:車、飛行機
    • 料金:要確認
    • 保険・補償:要確認
    • 公式HP:https://burden1.info/daikou/
    猫や犬はもちろん、カピパラやミーアキャットなど珍しい動物たちの輸送を専門に行なっている業者。HPで直近の輸出入実績を掲載。


    結局どこに頼めばいいの?

    料金だけで見るなら、混載便でOKのアートになります。後は相場料金があってないようなもので、各社によってかなりばらつきが出ています。

    私個人的には、動物輸送の専門業者はそれこそ専門業者だけに、実績も踏まえると一番安心できるのではないかと思っています。

    なかでもエイチケーペットタクシーやワンニャンキャブは全国対応なのはもちろん、実績や補償制度もしっかりしていて安心。

    同席して移動したいならエイチケー、同席できないけど実績で選ぶならワンニャンキャブ、という選び方がオススメです。

    ただ、なかには「聞いたことがある大手にしっかり運んで欲しい!」という気持ちを持つオーナーさんもいらっしゃるでしょう。スゴく分かります。

    そんな場合は、多少料金がかかるとしても、ヤマトやアート引越センターにお願いするのは全然アリです。

    特にアートは荷物と混載便にはなるけど何より料金がかかりませんしね。


    ただしペットの性格や性質も踏まえて業者さんとしっかり相談しよう!

    大切なペットたちのイラスト

    いくらアートがタダになると言っても、心配で心配で仕方ないという場合もあります。

    これは人間と同様に、それぞれのペットによって体調が変わるし、その子の性格などもあります。

    特に、猫ちゃんは環境の変化に敏感でストレスが溜まりやすくなりますしね。

    家族として大切に扱って欲しいのはどのオーナーさんも同じですよね。

    ご自身が納得できるまで、上記で挙げた業者さんにできるだけコンタクトを取って、十分納得できるまで説明を受けてから依頼をするのが一番良いかと個人的には思います。

    お金には変えられない大切な存在ですからね。

    不安で不安でもう耐えられない!という超心配性なオーナーさんは、ご自身でもペット保険に加入されておくとより安心できるかも知れませんね。

    移動だけでなく、人間と同様、各種病気にも対応していますよ。

    あんしんペット保険
    https://www.anshinpet.co.jp/